プラスピアス

ピアスの穴あけ方法

穴あけ,開け方

ピアスのあけ方には、色々な方法があります。市販のピアッサーを使えば、自分の耳に自分で開ける事もできるので、数多くの人が利用しています。しかし、セルフピアッシングだと穴をあけたあとのケアがきちんと出来ていない事もあるので注意が必要です。


穴あけ「ピアッシング」に使う道具

穴あけに使われる道具には色々な種類があります。医療機関やピアッシング専門店で扱われている器具が通販などで個人的に購入することが出来る場合もあります。しかし、トラブルを防ぐためには専門の医療機関であけるのがおすすめです。

ピアッサー

「ピアッサー」、はバネを利用して先端のとがったファーストピアスやニードルを貫通させるための器具で、他のものと比べても扱いやすいのが特徴です。同じようにバネなどを利用して、ニードルを貫通させる「ピアスガン」もあります。ピアッサーやガンタイプのものは、短時間で貫通させることが出来るので、痛みを感じにくくはじめての人でもまっすぐにホールをあけやすいので人気があります。医療機関やスタジオで使用するピアッサーの中には、繰り返して使えるタイプもあります。しかし、市販のものは衛生面から、一回使い捨てのタイプが一般的です。

ニードル

パイプ状になっているピアスの穴あけ専用に作られた針で、一見太目の注射針にも見えます。針の先端は、医療機関で使用されている注射針と同じように大変鋭利なので、ピアッサーを使うより、皮膚や内部の組織を壊さずに穴を開けることが出来ます。そのため、皮膚のトラブルが起こりにくく、形もキレイに仕上げることが出来ます。しかし、力を入れやすい構造にはなっていないので、使い慣れていないとホールが曲がったり一回で貫通させることが出来ずに失敗する場合もあります。

身近にあるものを使う

専門の医療機関でピアッシングしたほうがキレイに仕上がり、ケアも十分に行えますが、なかには身近にあるものを使って、セルフピアッシングを行う人も多くいます。通常の縫い針などで作ったホールは、実際につけるピアスのポストサイズに対して細すぎてしまいます。そこにポストを押し込むことになるので、ホールをキズつけてしまいます。大き目の安全ピンや布団針などを使う人が多いようですが、比較的薄い耳でも安全ピンや布団針では力が入りにくいため、ホールが曲がってしまったり位置がずれてしまうことが多いようです。

穴のあけ方と特徴

ピアスといっても、つける場所や種類によってホールの角度や大きさが違っています。

耳のピアスをあける場合、軟骨部分と層でない部分ではあけ方が少し違ってきます。耳たぶの軟骨の無い箇所は、柔らかいため貫通させやすくセルフピアッシングを行う人も多い場所です。耳の上部には軟骨があり、硬さがあるため針をまっすぐ通しやすいのですが力を入れないと貫通させるのが難しく、あける際には耳たぶより痛みを感じることが多いのが特徴です。耳用のピアッサーのなかには、セルフピアッシング用の小さくて操作が簡単なタイプがあり、アクセサリーショップや医療機関でも販売されています。


ボディ

身体につけるタイプにも、舌に付けるタンピアスや眉毛、唇などにつけるタイプ、ヘソや胸、腕やうなじなどの皮膚につけるものなど様々なタイプや種類があります。基本的にボディピアスをあける場合、ニードルを使いますが、場所によって使用するピアスの形や大きさも違うので、専門知識を持っているスタジオや医療機関であけることをお勧めします。耳用のピアッサーを使ってボディピアスをセルフピアッシングする人もいますが、ボディに使われているバナナバーベルタイプや太さのあるピアスには上手く使えないので避けましょう。


ネイル

伸ばした爪の先端に、小さなチャームやリング、ジュエリーなどをつける「ネイルピアス」は、他のものとはちょっと違っています。ネイル用の穴を開けるための道具には、爪が割れないようにネジのような仕組みになっている「キリ」のようなものを使うのが一般的です。爪の強度や長さによって空けやにくい場合もありますが、一度失敗しても伸びてきたときにもう一度繰り返して行えるのが特徴です。風呂上りなどは爪が柔らかくなっているので爪が割れにくいのですが、強度も弱くなっているので、ゆっくりと力を入れてあけていくのがポイントです。