プラスピアス

ファーストピアスの使い方

ファーストピアス

ピアスホールを作るときに、一番初めに装着するものを「ファーストピアス」といいます。ファーストタイプには、ホールを安定させる、という重要な役割りがありますので、一般的にケアのしやすい形や素材のものを使います。


ファーストピアスとは

ピアッサーやピアスガンなどにセットして使うものとニードルと一緒に使うものでは若干特徴が違っています。

ピアッサータイプ

ピアッサーに装着されているタイプは、皮膚を貫く針の役割りもかねているため先端が鋭くとがっています。このピアッサーと一体型になっているタイプは一般に市販されているので、セルフピアッシングにも頻繁に利用されています。勢いよく発射されたピアスが、皮膚や細胞を貫いて貫通するのですが、ニードルに比べるとそこまで鋭利ではないため、ホール内部を傷つけた状態で装着されます。ファーストピアスを装着するまでの痛みはとても短く一瞬で終わるのが特徴です。

ニードルタイプ

専用のニードルで皮膚や組織を貫通させてから装着するファーストピアスで、ピアッサータイプのように先端が鋭利になっていないものが多くあります。ファーストピアス自身が皮膚を貫く必要は無いので、柔らかい樹脂製のものもあります。ファーストピアスに使われる素材は、アレルギーやトラブルの原因になりにくい素材が使われているシンプルなデザインのものがほとんどですが、始めから樹脂製のを使いたい場合には、ニードルタイプがおすすめです。

ホールの状態とはずし方

ファーストからセカンドに取り替えるときは、ホールにダメージを与えないように、慎重にはずしたいですよね。どうしても外れない場合には、医療機関ではずしてもらうようにしましょう。

ホールが出来る仕組み

ファーストタイプで空けたホールは、皮膚と組織に針でキズをつけた状態になっています。キズの部分キズをふさいで治ろうとしますが、アクセサリーをつけたまま完全にふさがるのを阻止します。すると、だんだんとホールの内部に新しい皮膚ができてきてホールが出来上がります。そのため、穴の内部に薄皮がはり始めて安定してきたらセカンドタイプのアクセサリーと交換します。

基本的なはずし方

耳のファーストピアスをはずすときは、通常のキャッチより外れにくくなっているため普通に引っ張ってもなかなかはずすことが出来ません。そのため無理に引っ張るのではなく、前面を固定するように持ち、反対面でキャッチと耳たぶの間に指の腹をキャッチに当てるような感じで親指を差し込みます。その状態から爪だけがキャッチに引っかかるように指を曲げるとキャッチの角度が変わってカチッと一部分だけはずすことが出来ます。一部が外れたら指でつまんで引っ張ると簡単にはずすことが出来ます。

どうしても外れない場合の取り方

耳に使われるファーストタイプのアクセサリーはとても小さいため、なかなか外れないからといって無理に力を入れてしまうとせっかく安定してきたホールをキズつけてしまう事もあります。基本的なはず仕方を試してみても外れない場合は、細いテグスを使ってはずします。キャッチの穴に2本のテグスを通し、ジュエリーが付いている前面部分をしっかりと固定したらテグスを引っ張ってキャッチをずらします。キャッチの穴にテグスが入るスペースが無い場合には、穴に近い部分に糸を引っ掛けて角度を付けるように片側だけ引っ張ると外れやすくなります。

選び方とトラブルについて

可愛いもの、オシャレなものをつけたいという気持はありますが、これから長く付き合っていくピアスですから始めにトラブルを起こさないよう十分注意しておくことが大切です。

素材

ファーストピアスに使われる素材は、一般的に純度の高いシルバーやプラチナが使われます。値段からするとシルバーの方が手軽に購入できるため、医療機関やピアススタジオなどでもシルバー製のものが多く利用されています。しかし、純度の低い昼バーやメッキタイプは、アレルギーを引き起こしやすいのでキチンと確認しておきましょう。また、ファーストタイプには、腕の内側などでパッチテストを行いアレルギー反応の出ない素材を選ぶのがお勧めです。

お手入れとトラブル

トラブルを防ぐためには装着後、ホール内部と癒着しないように適度に動かしておく必要があります。シャフトやポストが中で癒着してしまっているとケアするときや交換するときに困難になります。癒着してから動かすと、中の組織を剥がすことになるので、ホールが安定しにくくなります。癒着を防ぐために動かすときには、ケア用のジェルや刺激の少ない薬用石鹸を泡立てて滑りを浴してから行うのがポイントです。