プラスピアス

ピアススタジオを使う場合の注意点

ピアススタジオ

ピアスをあけるための「ピアススタジオ」という所をしっていますか? 難しい場所でもキレイにつけてくれると口コミで評判になっているところもありますが、ピアススタジオとはどんなところなのでしょうか? ピアススタジオで開けるメリットや注意点などを紹介します。


ピアススタジオとは

国内には、多数のピアススタジオがありますが、アクセサリーとしてのピアスでも、医師免許を持たない人が皮膚に穴をあけるというのは違法行為になってしまいます。

特徴とメリット

ニードルやピアッサーなど、ピアスホールを作るための専用器具を使って穴をあけるところをピアススタジオといいます。特にニードルは、注射針によく似た形状をしているため、皮膚や組織を無駄にキズつける事が少ないのが特徴です。また、専門知識やケア方法、ホールの形などについての知識を持っている人が行うので、細かい場所や角度までこだわって付けることが出来ます。海外では、ボディピアスやタトゥー施すためのスタジオが「ピアススタジオ」と呼ばれることが多いようです。

ピアッサー

ピアスに対する専門的な知識や技術をもった穴を開けてくれる人をピアッサーといいます。アメリカなどの海外には、ピアスの穴を開けるための専門の資格があり、スタジオではこういった資格を持った人が、専用の器具を使ってホールを形成してくれます。しかし、日本ではまだピアッサーの資格というものはありません。そのため、日本のピアススタジオでは、独自に専門技術を学んだ人が行う場合もありますが、特別な資格は持っていなません。中には海外でピアッサーの資格を取得した人もいますが、海外での資格が認められていないのが現状です。

医療機関との違い

ピアスの穴を開けるという行為は肌や組織にキズをつけるため、日本では医療行為に当たります。そのため、他人にピアスホールを形成するのは、医師免許を持っている人にしか許可されていません。しかし、医師免許をもっていても専門的な知識を持っていないと、ホールが斜めになったり角度が悪かったり、見た目的に満足できない仕上がりになる事も多いようです。そのため、専門技術を持ったスタジオの人気が高くなっているようですが、ピアッサーが医師で無い場合には無許可の医療行為ということになります。そのため、医療機関でも技術や経験をつんだ医師が病院内でスタジオを開いている場合もあります。

選び方

スタジオはインターネットや口コミでも色々なところが紹介されています。つけたいジュエリーの種類やホールをあける場所によっても色々な疑問があると思います。満足できる仕上がりで、不安なく空けられる信頼できるところを選びたいですよね。

料金

ニードルやピアッサーなどを使ってホールの形成するのは、医療行為に当たりますが、医療機関では保険の適用外になってしまいます。そのため、皮膚科や美容整形外科、ピアススタジオなどでは独自に料金を設定していて、個数・場所・タイプ等によってもかなり料金に差があります。場所によっては、ジュエリーの値段込みの料金になっている場合や数回分のアフターケア料金がセットになっているところもあります。また、穴をあけるだけなら安いところでは1000円程度の料金で空けることが出来る場合もあるようです。

ケア

スタジオでは、専用の消毒液やケア用品の他、アレルギーを起こしにくい素材を使った色々なデザインのタイプが販売されている事もあります。アフターケアがセットになっているスタジオや医療機関も増えてきているので、ホールが安定するまではアフターケアやアドバイスしてもらえるところを選ぶのがお勧めです。また、炎症を起こしたりアレルギーを引き起こすなどのトラブルがおきやすいものでもありますので、穴あけ行為を多数扱っている医療機関で空けるのをお勧めします。