プラスピアス

マグネットピアスという方法も!?

マグネットピアス

比較的磁力の強い小さなマグネットを使ったアクセサリーは、穴を開けなくてもつけることの出来る手軽なピアスとして楽しむことが出来ます。また、服やカバンにつける事もできますし、ヘアアクセサリーとしてもアレンジして楽し婿とが出来ます。マグネットピアスの中には、磁力を使った健康補助器具として使われているものもあるんですよ。


種類と特徴

磁石を使ったイヤリングは、「磁気ピアス」とも呼ばれています。多くは手軽に楽しめるファッション用のアクセサリーですが、中には磁石の磁力を利用した健康補助器具として使われているものもあります。

耳用

耳につけるファッションイヤリングとして作られた小さめのアクセサリーです。耳たぶにつけることが多いため、マグネット部分が見えないように小さく作られています。ホールを空けていなくても手軽につけることが出来るのですが、ちょっとした拍子に外れやすいという特徴があります。しかし、外れにくくなるようにより強い磁力のマグネットを使っているため、柔らかい耳たぶに食い込んで痛みを感じたり炎症を起こす場合もあります。

ボディー用

磁石を使ったボディピアスはあまり数多くありません。少し大きめに作られたボディピアス用のタイプは、穴を開けなくてもつけられるというメリットから、鼻やフェイクタンピアスなどに使われることが多いようです。また、中には、磁石を皮膚の下に埋め込んでおき、ジュエリータイプの磁気ピアスをつけていない時には穴や磁石が見えないようにして使うタイプもあります。

健康器具

アクセサリー用に使われている磁石は、ネオジウムやフェライトという種類の磁石が使われていますが、これらは肩こりや腰痛などの対策に使われる事も多い健康器具にも利用されています。磁力を利用して血液の流れを良くしたり、身体のまわりを取り囲んでいる静電気の流れを整えてくれます。こういった効果を利用して、腕や首元に健康補助器具として使得るように加工されたタイプもあります。

つけ方・選び方・楽しみ方

ホールをあけるのはまだちょっと怖い、という人や仕事や学校の都合でホールをあけることが出来ない人のおしゃれには欠かせないアイテムですが、ピアスとして以外にも色々な使い方が出来るんです。

選び方

100円ショップやアクセサリーショップなどでも色々なデザインのものが販売されていますが、購入するときには用途に合わせて使われている磁石の大きさや磁力の強度を喜寿運に選ぶのがポイントです。耳や鼻などに長時間つけていると磁石が皮膚に食い込んでしまい痛みを感じることがあります。そのため、磁石の縁が丸くなっているタイプを選ぶのがお勧めです。また、洋服やカバンなどのデコレーションとして使う場合には、磁石部分が大きめで磁力が強いタイプを選びましょう。

使い方

マグネットピアスの一番の特徴は、身体につける以外にも布や紙など色々な所につけることができ、後が残りにくく簡単に取り外しが出来るということです。そのため、カバンや服などに日替わりで自分だけのアクセサリーを付けて楽しむことができます。また、薄いリボンや生地で薄いマグネット板をつつみヘアアクセサリーにしておくと、マグネットピアスでアレンジできるヘアアクセサリーを簡単に作る事もできます。