プラスピアス

軟骨ピアス

軟骨ピアス

「軟骨ピアス」と呼ばれているのは、ほとんどが耳の軟骨部分に付けるタイプのことです。特に最近トラガスの人気は高く、芸能人でもつけている人をよく見かけるようになりました。腫れたり化膿してしまうと見栄えが悪くなってしまうので、ケアをしっかり行うことがキレイに見せるポイントですよ。


位置(名称)と特徴

軟骨部分の幅や向きは人によって様々です。そのため、柔らかい部分よりホールの角度やつけ方によって見え方が限定されやすい部分が多くあります。あけたい部分の特徴をしっかり把握しておくとよりバランスよく見せることが出来ますよね。

へリックス

耳の一番外側のフチの軟骨「耳輪」と呼ばれる部分につけるピアスです。内側にかぶさるような形になっているので、へリックスを囲むようにリングタイプをつけたり、ショートタイプのストレートバーベルやファッション性の高いものを一番外側まで貫通させてつけます。へリックスに幅がある人もいますが、外側から内側まではあまり距離がないため、耳の後ろまで貫通させない場合には、リングタイプのほうがキャッチを見せず全体をキレイに見せることができます。

トラガス・アンチトラガス

トラガスは、耳の穴を頬のほうから隠すように突き出している小さな三角形の所のことで、アンチとガラスは耳たぶの上部ら上向きになっている三角形の部分です。三角形の中心に小さめのジュエリーピアスをつけるとトラガスをキレイで可愛く見せることが出来るので女性を中心に人気があります。しかし、外側に反り返っているトラガスにまっすぐホールをあけるとジュエリー部分が下を向いてしまい、キャッチが目立って見えてしまいます。そういったタイプの人は、角度を付けてホールをあけるのがポイントです。

インダストリアル

へリックスにあけた2点をストレートバーベルなどでつなぐアクセサリーなので、かなり印象的に見えるのが特徴です。耳の付け根に近い「クルーズ・オブ・へリックス」から「へリックス」や「スナッグ」までをつなげる場合もあります。複雑な軟骨部分をピアスで結ぶアート的な印象が強いタイプなので、インダストリアル・アート(工芸)という意味からこの名前が付いたと思われます。インダストリアルにする場合には、ヘリに近い部分のホールを使うとちぎれやすくなるので注意しましょう。

セプタム

鼻橋につけるジュエリータイプのピアスで、一般的には軟骨のない部分につけます。しかし、少し奥の軟骨部分にあけておくと、アクセサリーをちらっと見せる感じでつけることができるのでちょっと変わった見せ方をしたい人にはお勧めです。ホールの両端が鼻腔内に入るのでまっすぐに穴をあけるが難しい場所です。この部分にピアッシングする場合には、特に技術のあるピアッサーに頼むことをお勧めします。

軟骨の穴あけ・拡張について

硬さのある軟骨は、他の場所に比べてホールのトラブルがおきにくいと思われがちですが、実はホールが安定するまでにも時間がかかり刺激に弱い部分です。

穴あけ

軟骨の向きによって見え方が違うため、始めのマーキングがかなり重要になってきます。へリックスなどはピアッサーを使う事もできますが、人気のあるトラガスはピアッサーが入らないことが多いため、ほとんどの場合ニードルが使われます。あけたい部分にマーキングしたら、反対側にコルクなどをあててからニードルを貫通させます。この時、内側から外側に向けておこなうと、ニードルを抜くときに楽です。軟骨は特に薄皮が貼るまで時間がかかるので、ピアスを装着してからニードルをはずします。

拡張

拡張したいという人が多いのですが、軟骨ピアスは拡張には不向きな部分です。ホールが安定するまでに時間がかかることもあり、安定しきらないうちに無理な拡張を行うと失敗したり軟骨部分の形が変形してしまう事もあります。また、耳たぶの拡張は、2ゲージずつ2〜3週間の間隔をおいて拡張していくのが基本ですが、伸びにくい軟骨の場合は1〜2ヶ月ごとにゲージを上げていきます。